活動方針

2019〜2020年度
活動方針

小林会長会長 小林康弘

 

2019年度RI会長のテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」です。
そして新たにRIが定めた優先事項(5年ごとに更新)は

  1. より大きなインパクトをもたらす
  2. 参加者の基盤を広げる
  3. 参加者の積極的なかかわりを促す
  4. 適応力を高める

またRI年次目標は
① 人々をつなぐ
② 行動する
③ ロータリー賞(①②の目標を設定し達成の度合いで受賞)

灘谷ガバナーが掲げる2700地区のメッセージは
「不易流行〜永続と変化〜」
不易:中核的価値観(親睦、高潔性、多様性、奉仕、リーダーシップ)
流行:重点目標(戦略的優先事項、年次目標)

さて2019年〜2020年不肖小林が会長を務めさせていただきます。
私の小倉西ロータリークラブへの想いは「感謝と楽しみ」です。現状、会員数の減少という大きな問題を抱えていますが、本質的にそこへ出席されている方々が楽しめる例会を目指さないといけないのではないか?これだけ趣味嗜好の違う方々が参加されている中で全ての方が楽しめるというのは難しと考えます。
大変恐縮ですがまずは会長を拝命いたしました私が1年間楽しめる、そういう例会を目指したいと思います。もちろん10年以上お世話になり、ここに至るまで見守っていただた諸先輩方への感謝も忘れずにです。
その楽しみの中に多くの会委員の方々を巻き込み、少しでも新しい楽しみ、感覚、時間そういったものを見出せるよう務めてまいります。
今年1年の動きが会員減少に歯止めをかけ、新規会員の増強を達成することができ、2年後に控えている50周年へ繋げてゆきます。

皆様どうぞ1年間、よろしくお願いいたします。